【京町堀の脚やせパーソナルジムStyledgeスタイレッジ】睡眠の質を上げる方法3選

2022/07/14 ブログ
睡眠の質を上げる方法3選

大阪市西区の女性専用パーソナルジムStyledgeスタイレッジです。

 

筋肉を成長させるためには

・運動

・食事

・休養

この3つの条件が揃っていることが大切です。

どれか一つでも欠けてしまうと筋肉の成長が止まったり、筋肉を分解してしまい筋肉が痩せ細ってしまいます。

 

そこで重要なのが睡眠です。

睡眠は、食事と同じで量よりも質が重要です。

今回は睡眠の質を上げる方法3選をご紹介いたします。

 

①部屋を換気する

②寝室の電気を消す

③脳を休ませる

 

①部屋を換気する

 

室内の二酸化炭素の濃度が睡眠の質に影響します。

二酸化炭素濃度がある一定を超えると集中力や思考能力の低下、頭痛、吐き気、倦怠感、心拍数の増加などが起こるという研究結果が出ています。

寝室など部屋を閉め切った状態で寝ると、睡眠開始から朝方にかけて室内の二酸化炭素濃度は上昇していきます。

寝るときは部屋のドアや窓を少し開けた状態で寝ると起床時の頭痛やだるさの防止や緩和になります。

季節的に窓を開けることが難しい場合は寝る前の5分間だけ窓をあけて換気をし、寝室のドアを開けた状態で寝るといいでいしょう。


 

②寝室の電気を消す

光を認識する物質は目だけでなく皮膚にもあるため

わずかな光でも睡眠の質が低下するという実験結果が出ています。

豆電球をつけている方もいるかと思いますが、部屋の電気は消して眠りましょう。

 

また、電気などの人工的な光を浴びて寝ると体重増加にも影響するという実験結果も出ています。

電気を消すだけでなく、外からのネオンなどの街灯も影響してしまうためカーテンも閉めて真っ暗な寝室で寝るのがベストです。

 

睡眠の質が下がるにつれ体のホルモンバランスがどんどん崩れていく為、コルチゾールという食欲増進や筋肉分解に作用してしまうホルモンが増えます。

睡眠の質を下げないために、部屋は真っ暗にして眠りましょう。

③脳を休ませる

脳は無意識に考え事をするため常に動いており、消費カロリーは全体の20%を占めています。

その20%の消費カロリーのうち6〜8割はただぼんやりと考え事をしている時に消費されています。

このただぼんやりとした考え事をする時間をできるだけ減らし、脳を休ませる必要があります。

 

小さなことの積み重ねですが、例えば

やらなければいけないことを先延ばしにすると考える時間が増えてしまうため紙やスマホのスケジュール帳にタスクを書き出したりして、脳が「めんどくさい」と認識する前に行動に起こしてしまうなど、考える時間を減らせるといいでしょう。

細かい休息の積み重ねが睡眠の質向上に繋がるため、仕事や運動など、できる範囲でこまめに休息を取りましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
女性専門パーソナルジム Styledge スタイレッジ阿波座本店
大阪市西区京町堀3-3-13 谷本ビル5F
tel:06-6443-6273
阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分
ーーーーーーーーーーーーーーーー